猫とワタシ

カタチ。。。

愛犬キャバリアとミニチュア・ダックスとの何気ない生活の事や・友達との事・趣味の事・気になった事… そして新しく一緒に生活し始めた チワワとの事を カタチに残せたら。。。

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示するごめんね。

動物病院

今日 ipu君 病院に行ってきました。

肛門の脇の所が 切れていて 赤くなっていたので、診て頂きました。


肛門腺の中が膿んでいて、外の皮膚が破けて中の膿が出てしまったようです。




おかしいな?と思ったのは一昨日の夜。

いつもはあまりしない おしりをスリスリするので、

うんPが付いちゃってるのかな?と見て見ると

確かについてしまっていたので、洗ってあげたら

少し皮がむけた様に赤くなっていました。

消毒もできないので、様子を見る事に。

次の日 朝 いつもより小さな便がトイレにしてありました。

いつもなら、この後 起きて2時間くらいすると

もう1度 用をたすのですが、昨日はしません。

気になりながらも ご飯も食べるし、普段と変わらなかった気がするので

1日様子をみました。

そして、今朝 又 小さめの便。

主人が出掛ける前に、お尻をもう1度確認したら、

やはり 便がついていました。

今度は丁寧に洗いましたが、そこで何となく膿の様なものに気付いたので

病院に連れて行きました。



先生曰く 「多分破れた時すごく痛かったと思うよ」って。。。

ごめんね。。。ipu。。。痛かったね。

Rikiの小さい時に 同じミスを経験してるのに。。。


傷口の中の膿の洗浄と、抗生物質の注射、5日分の飲み薬を処方して頂きました。




帰って来て ご飯を食べて 寝ちゃった(^^)

RIMG3740.jpg


今 私がPCしてる最中、Rikiの所で チョコンと寝てます。
RIMG3739.jpg(ガニ股 がに子でごめんなさい^^;)



ipu。ホントに ごめんね。

この記事のみを表示するCaddy。頑張ったね♪。

動物病院

先日の8日土曜日 Caddyの歯石除去手術の予約を入れておいたので

動物病院に行ってきました。


先月 血液検査で 肝臓の数値が又上がってしまっていたので、

1ヵ月 お薬を飲んで 調子が良ければその日手術をしましょう。と先生のアドバイス。


予定通り 1ヵ月お薬を飲んで、検査の結果 OKが出たので

そのまま Caddyは 処置して頂く事に。

病院は 連休明けの土曜日ということも重なって

大混雑!

Caddy君 パ~っと奥に行っちゃったね(><)

Rikiとipuもフィラリアのお薬を貰うので、一緒に行って

血液検査をしました。




夕方 お迎えに。。。

うちと同じ様に ネコちゃんや ワンちゃんの引き取りの方が何名かいたり、

お薬だけ 貰いにきた人はいましたが、

昼間と違って 病院はとても静かでした。


術前
RIMG3573.jpg

術後
RIMG3579.jpg

わ~~~~♪綺麗になったね♪

RIMG3576.jpg

Caddyは 「頑張ったよ!」と言っている様に見えます(^^)

う~~~ん!頑張った 頑張った♪
RIMG3578 - コピー

頑張ったよ~~~☆

これからは ちゃんと毎日歯のチェックをして、

歯磨きに慣れさせて ケアしていきます。




前にも書いたかな~。

まだRikiとの生活を始めた頃 何気なくみた方のブログに書かれていた事が

ずっと 気になっていました。

「お友達の中型犬のワンちゃんが9歳で歯石をとった。

麻酔からさめて元気に帰ってきたそのワンちゃんは

何があったか 翌日に亡くなってしまった。」

詳しい事は 覚えてないけど、

年齢と 麻酔 2~3日は様子をみることが大事なんだと

強く思ったので 今回もCaddyの様子を良く見ました。


食欲 排便ともに 良好良好♪

ipuを怒ったり、ipuのご飯をこそっと横から食べちゃったり、

Rikiと対決して遊んだり いつもの生活に戻りました♪


今日のCaddy♪
RIMG3606.jpg

ipu君 Caddyが気になる?

どうせなら 後ろのRikiも入れて 「ハイ 撮るよ~♪」

RIMG3608 - コピー


手術代は Caddy 5.1㎏で 1万5千円でした。

その他 3ワンのフィラリアの薬の一部(3ヶ月分)、Rikiのサプリ Caddyの肝臓のお薬などなどで

全部で3万4千円位かかっちゃいました(>∇<;)

貯金下ろして行って 良かった~♪フゥ~(@∇@)
 




この記事のみを表示するうれしい結果。

動物病院

昨年の夏 2009年7月10日朝 Caddyの様子がおかしくて病院に。

最終的な結果が出るまで、ちょっと怖くて ブログにUP出来なかったけど

10月にヘルニア再発で プチ報告させて貰った Caddyの肝疾患。


11月に ちゃんと報告させて貰いましたが、


あれから3度の血液検査をしながら経過をみて 8ヵ月間飲み続けた 1日2回のお薬。


昨日 血液の再検査で病院に行ってきました。


肝臓は良くなることはない。。。と聞いていたので、

とにかく せめて現状維持でいいんです。

悪くなっていない事だけ祈っていました。

RIMG3259.jpg

採血中のCaddy。

子供のように 針を刺される時は、顔をそむけます(>∇<)

RIMG3260.jpg

先生はすごいね~♪


カメラを必死で撮影する私に、先生は「これも撮っとく?^^」と…

RIMG3261.jpg

では、お言葉に甘えてm(_)m




待つこと15分。

呼ばれるの怖かったけど ちゃんと聞かないとね!


でも、予想に反して 結果は 良かったんです♪




少し高めのものもありましたが

異常数値が出ていた項目は、ほぼ正常値に戻っていました☆

RIMG3265.jpg

( )の中は前回の検査結果の数字です。

これでも初めに比べたら とても正常値に近い数字だったんですよ。


本当にうれしかったです♪

これで、お薬は終了だそうです(^^)

これからも 定期的な検査は必要ですが、とにかく安心しました。


そして、Caddyを心配して下さった皆様。

本当にありがとうございました。

いつも心配かけるような事ばかりしか 報告していませんでしたので、

本当にホッとしました。

いつも励ましのコメント頂いて

本当に本当にどうもありがとうございます♪これからも宜しくです(^∇^)


待合室でのCaddyは…

RIMG3263.jpg

「なんで 喜んでんの?僕痛かったのに!」

と、不服顔。

そうだね。ごめんね。



1ヵ月 お薬を飲まずに様子をみて、再度検査。

血液検査に異常なかったら、Caddyも歯石のお掃除したいんだ~。

もう今年8歳だから、麻酔も怖いしね。

受けられる時に お掃除しておきたいんだけどな~。

「また 痛いこと すんの~~~??」

あ~~~。Caddyのお叱りの声が。。。(>_<;)





この記事のみを表示するRikiの健康。

動物病院

2月28日。

本当はRiki達を連れて1000円高速でどこかにドライブに行く予定でしたが、

朝からの雨で 中止。。。ガックシ(>∇<)

でも 東京マラソンがあったので、TVをつけたまま いつもの全員マッタリ状態。


夕方、ちょっとね~何がどう?って聞かれると

難しいけど Rikiの様子が なんだか違うの。

主人の横でお昼寝するのが 大好きなのに、

横で ずっと立ったまんま 寝ないんです。

まぁその時は、特別に気にしなかったんだけど、

夜まで、数回 やっぱり立ったまんま動かず、顔や頭の動きだけで

周りの空気を読んでいる感じ。

さてさて。。。なんだろう???

体を触っても、特に痛そうな様子はナシ。

目も特にどんよりしている感もナシ。

食欲も バッチリある。

でも、ずっと気を付けていると

やっぱり 「動きたくない」感じ。

おすわりも イヤイヤやってる感じ。


夜のお散歩は迷ったけど、とりあえず うんPだけ。。。

と思って連れ出すと、全然心配ない感じにお散歩を楽しんでる☆

気にし過ぎ?だったらいいけど、

一応 次の日病院に。



     RIMG3230.jpg

          RIMG3231.jpg


触診で 特に麻痺などの異常が見つからなかっけど、

このまま帰るのでは 私達の不安がぬぐえないので、

先生からのアドバイスで 大事をとって下半身のレントゲン写真を

撮影してもらう事にしました。


結果はやはり「骨」にあったようです。

ちゃんとした~症って聞いたのですが、

すっかり忘れてしまいました。。。今度ちゃんとメモしてきますm(_)m

背骨の胸椎から腰椎にかけて 骨の下の方に石灰化したものが付着して

白く写っていました。



図で説明しましょう!
骨の絵




四角いのが 骨として、

赤くなっている所にどんどん付着して固まっていってしまい

ひどい子になると、

青のように くっついてしまうそうです。

いかかですが?

少しは分かって頂けたでしょうか?


ヘルニアは軟骨が神経を圧迫しておきるので、ヘルニアではないそうです。

これは 原因も分からなければ、特に治療法もないそうです。

一般的には 老化現象として 高齢のワンちゃんに

多くみられるようですが、ストレス、食事 運動 などから影響し

早い子で5~6歳の子から石灰化する子もいるそうです。



Rikiは今年の6月で 9歳になります。

7歳頃から 徐々にフードもシニアに替え、

お散歩などでも 足元や行動に気をつける様にはしていたつもりです。

でも、これからはもっと見えない所に気をつけていかないといけない年齢なんですね。


私達に痛がる様子はないにしても、

Rikiにとっては多少なりとも痛いから故の行動。

先生は 行動が「おかしいな」と思ったら飲ませて!と

痛み止めのお薬と、これからずっと続けていった方がよいサプリメントを

処方して下さいました。

RIMG3248.jpgRIMG3249.jpg

痛み止めは前に ジャンプ失敗の珍事件があった時に頂いた痛み止めです。

あの頃から もしかしたら石灰化が始まっていたんでしょうね(><)



いいことではないにしても、私達は体の異常というか

大きな病気ではなかった事に 少しホッとしています。

歳を重ねれば 私達だって何かしらサプリにお世話になるもん。

これから定期的に キチンとケアするキッカケになって

良かったと思っています。



ワンちゃんも、血液検査、尿検査はよくする方は多いとは思いますが、

5歳位からはレントゲンもとっておいた方がいいかも知れませんね☆



ちなみに、今回 Riki 8.5㎏ 下半身だけのレントゲン料金は 4500円でした。

以前キャディの 全身レントゲンは

Caddy 約5.5㎏位だったかな?8000円でした。

レントゲンは体重は関係ないか(^^;)


RIMG3251.jpg


今日も仲良く まったりお昼寝している

我が家の可愛いワンコ達です(^∇^)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。