猫とワタシ

カタチ。。。

愛犬キャバリアとミニチュア・ダックスとの何気ない生活の事や・友達との事・趣味の事・気になった事… そして新しく一緒に生活し始めた チワワとの事を カタチに残せたら。。。

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示するイヴ=ケーキ♪

ペット

今日はクリスマス イヴ賂 クリスチャンではないけれど、街中がこんなに華やかに騒いでいると 私もウキウキになる。 勿論RIKI&Caddyにも こんなウキウキを分けてあげたい鍊 毎年クリスマスには必ず手作りケーキをつくる お誕生日には必ずは つくってあげていないので、 聾たちも何となくこの日が嬉しいらしい(想像嶺) 今年はアボガドとサツマイモのクリーム。 聾の本にレシピが出ていたのを自分なりに、アレンジ 。かぼちゃとパプリカの飾りをつけて出来上がり
129_2922.JPG 聾たちももう既に匂いを嗅ぎ付けてキッチンを行ったり来たり瑩 夕御飯の後のお楽しみにしようね鍊
スポンサーサイト

この記事のみを表示するあっかん イルミネーション

日記

今日は恒例になりつつある、友人とのイルミツアー烈 去年も同じ所に同じ頃行ったけど、今年の方が寒くない。やっぱり温暖化が進んでいるのでしょうか嶺 と、まあこの問題は措いておいて拏 相変わらず凄かったです。 見慣れてきたおかげで、冷静に見て来れました。去年と違う所や、増えた所、期待して行ったら今年は別のイルミになっていて少しガッカリした所etc でも本当に素敵で私たちに夢を与えてくれます。 画像載せさせて頂いたお家の方、無許可でごめんなさい。でもこんなに綺麗なイルミ 行けない人達にも見てもらいたかった。 本当に感動した素敵な時間でした。 それではご覧下さい
129_2925.JPG

この記事のみを表示する「まさお君」ありがとう

日記

2006.12.9 TV東京「ポチたま」で大活躍だった 「まさお君」が悪性リンパ腫消化管型で(7歳)亡くなった事を新聞で知った。 大好きだった「まさお君」のあまりにも突然の事で、 驚いている。 6年間の旅を終え10月に息子の「だいすけ君」にバトンタッチしたばかりだったのに。 旅を続けたかったのかな? 本当に「まさお君」を見るのが楽しみで、いつも私たちに笑顔をくれた「まさお君」。 食べ物があると「我慢できないよ~」って顔をする「まさお君」。 誰からも好かれていた「まさお君」。 働く男の人が大好きな「まさお君」。 本当にありがとう。 ゆっくり休んでね。 「まさお君」のご冥福を心よりお祈りいたします。

この記事のみを表示する最高♪最高♪最高(^▽^)

日記

2006.12.10 さいたまスーパーアリーナ MISIAのコンサートに行ってきた 友人にかなりのMISIAファンがいて、チケットを取ってもらったのでアリーナ席 私は2度目のコンサートだったが前回は3~4年前になるかな だから…といってはなんだが、コンサート内容は比べ物にならないほどグ~ンと良くなっていた。 前が悪かったんじゃない、今回がすごくすごく良かったって事連 本当に素敵なステージだった 歌は勿論、ダンスや「あっ獵」と言わせるような仕掛けもあり、会場の人達と一体になっての楽しい時間丹 MISIAは何度も「ありがとう」と言ってくれたけど、 私たちこそ「ありがとう」と言いたい烈 ファン層も本当に幅広い。 小さい子は3歳くらいかなお父さんとお母さんに連れられてミニMISIAのようになっていたり、60歳は過ぎているだろうと思われる女性がお友達と2人で楽しそうに開演を待っている様子がとても心地よい。 こんなに沢山のファン層を楽しませるチカラがあるスゴイアーチストだ鍊。 ただただひとつ。 開場時間は寒い中1分たりとも早い開門はせず、時間キッチリだったのに開演時間が35分遅れた。 特に遅れたコメントも無く、聞くと大抵20分はいつも遅れるらしい。 それだけが少し気になった輦。 お留守番を余儀なくされた嶺聾RIKI&Caddy聾
129_2913.JPG

この記事のみを表示する哀愁漂うCaddy。

ペット

この前の休日Caddyと二人で出掛けた。 RIKIは主人とおうちでお昼寝簾。 ゆっくり眠りたい主人の要望で、ピンポンが鳴ると異常反応するCaddyを連れ出すのが本当の目的。 近所でさえRIKIがいないと歩かないのに、Caddyだけ公園に連れて行って果たして歩くか… 結果は案の定STOP THE CADDY玲 何とか興味をひきながら公園をお散歩。 車で10分もかからない所の公園なのに、ゆっくり散歩した事がなかったから 私にとっては新鮮鍊 ぐるーっと一周散歩して、公園内のベンチで休憩。 RIKIのいない事に、何か寂しさでも感じているような このショット
128_2874.JPG 妙に哀愁を感じてしまい、感傷的になる私怜 家ではガンガンRIKIの大好きなおもちゃを銜えて逃げ回り、喧嘩をふっかけてRIKIが逃げるのを追い掛け回したりしているのは Caddyの愛情表現だということを、再確認した一日だった秊 今度はみんなで来ようね連
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。